パートナーと別れるために浮気調査をする

結婚をしている場合、お付き合いをしている場合などでパートナーが存在することがあります。
結婚の場合は法的に一つの戸籍に入っていて、財産などの問題も出てきます。
付き合っているだけだと弱くなりますが、内縁状態が認められれば財産の一部を受けられることはあります。
結婚をすればもちろん相手を信頼しながら生活をしますが、何年も一緒に暮らしていると少しずつ信頼が揺らいでくることもあります。
このときには別れることも考えるでしょう。
しかし何の理由もなく別れることは出来ません。
そこで利用するのが浮気調査です。
相手が浮気してそう、していなさそうに関係なく浮気調査をしてもらいます。
そしてもししていればそれを証拠として別れる話を進めます。
もししていなければ話し合いをするしかなくなります。
結婚をしていれば単に別れるだけでなく慰謝料を受けられる可能性があります。
ただ単に別れるだけよりも、相手の問題点を見つけておくことで、その後のお金を得ることが出来ます。