浮気調査をして相手と別れさせる

結婚をしているか、していないかは法律的には重要な問題になります。
相続の面であったり、財産のことなども結婚をしているからこそ起きてくる関係です。
では結婚をしていなければ問題はないかとなるとそうでもありません。
婚約の場合は非常に結婚に近い状態になるので、結婚をしていないから自由に生活して良いわけではありません。
婚約ともなれば相手は将来のパートナーですから、相手のことを考えて生活する必要があります。
相手以外の人との交際は許されません。
浮気調査をする目的として、浮気をしているかどうかを見ることがあります。
もっと進んでいる場合、ある程度浮気の事を知っている場合があります。
しかし相手にそれを言っても認めようとしないことがあります。
このままだとずるずる浮気され続けるかもしれません。
そこで浮気調査をして実際にしている証拠を見つけてもらうようにします。
そうすれば相手はそれを認めざるを得ません。
相手と別れてもらうように話をすることが出来ます。